Category: 未分類

針金ハンガー

トイレットペーパーによるトイレのつまりが起こった場合、他にも解決方法を見付けることが出来ます。トイレットペーパーによるトイレのつまりを今度は、1.5Lか2Lのペットボトルで解決してみましょう。1.5Lか2Lのペットボトルの底の部分を切ってください。そして、ラバーカップのようにして、ペットボトルを押して空気を送ってみます。半分くらい水を入れて水で衝撃を与え詰まりを解消するというのも有効的方法として考えることが出来ます。

ラバーカップを用意してなかったという人たちは、ごくごく身近な感じでこのような対策を考えることが出来ます。ただし、それは緊急対策に過ぎないためやっぱりラバーカップをひとつ購入しておきたいものですし、この場合水ハネにも相当な注意が必要です。

更にトイレットペーパーによるトイレのつまりを解消させる方法として、針金ハンガーを使う方法も考えることが出来ます。針金ハンガーを使う方法では、引っ掛ける部分を延ばして長くして、吸い込み口に入れてみましょう。
詰まっている箇所にあたれば、上下・左右に針金ハンガーを動かしてみてください。根気よく、つまりをほぐすように意識をしてみましょう。 この方法なら針金ハンガーがなくても他にいろいろな道具を思いつくのではないでしょうか。



ラバーカップ

更にトイレットペーパーによるトイレつまりのトラブルの問題解決の方法を考えてみましょう。 ラバーカップはどの家庭にも一個必ず存在しているものです。最近の人たちはそのような意識が薄れて来てしまっているのではないでしょうか。今ラバーカップがないという人たちはあらかじめひとつ用意しておきましょう。トイレットペーパーによるトイレのつまりが起こったときに確実にみなさんの生活を守ってくれるものがラバーカップです。

ラバーカップには和式用と洋式用があります。 大体通常のカップだけのは和式用です。 そして吸い込みの穴にマッチするように筒のようなものが付いているものが洋式用です。 インターネットでもいろいろなラバーカップを購入することが出来ます。ラバーカップを見てこれは何のために使用するものか答えることが出来ない人がいるとすれば、相当呑気な人ではないでしょうか。トイレのつまりはやっぱりいつか起こるものと想定して日々過ごすべきことなのです。結論をいえば生涯を通してトイレのつまりトラブルに見舞われたことのない人はゼロ%とも言えるのです。

ラバーカップの使い方ですが、押す時にはカップの中の空気を抜くような感じでゆっくりと押し当てましょう。その次には、つまっているものを引き抜く感じで勢いよく抜きましょう
この動作を数回繰り返して解消されればいいですが、ラバーカップを使用してもトイレのつまりが直らないようであれば、素直に業者に連絡をしましょう。下手に触りすぎて、トイレつまりを悪化させる恐れがあります。



トイレのつまり

普段私達はトイレのつまりについてそれ程心配をしながら生活をしている訳ではありませんが、いざトイレかつまってしまえば、一番大慌てしてしまう場所なのかもしれません。そこは日々使用しなければならない場所です。トラブルなどが起こればコンビニのトイレまで慌てて駆け込んでいかなければならないかもしれません。そしてトイレがつまれば汚水が溢れ出してしまいリビングまでその水が襲ってくるかもしれません。そのようなことがすぐにでも起こるかもしれないのです。

その時のため対策を何かしら考えておくというのもとても大事なことではないでしょうか。なぜトイレがつまってしまうのかといえば 多くの場合はトイレットペーパーをつまらせてしまうことです。 トイレットペーパーって水に溶けるものだからどんなに流しても問題なしと考えている人たちも結構多くいらっしゃるようですね。 トイレットペーパーとトイレは思い切り相性のいいパートナーと思えば全然違うようなのです。

原因がトイレットペーパー、または便ということがはっきりと判っているケースなら「お湯」を試してみましょう。既にトイレがつまって溢れ出しそうなら熱湯を少しずつ注いでみましょう。逆に水がないという場合や少ないとき、熱湯で便器を破損してしまうケースもありますので、50~60℃くらいのお湯を意識してみてください。ここでお湯がつまりに対して何をしてくれるのかと言えば、トイレットペーパーや便を溶かしてくれるのです。